松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
落し穴座頭の勘の恐ろしさ  梅足
 あたり払て鳥見突袖  陸馬
八町の堤よつての珠数繁き 白日
 文に帷幄の張良の智恵  笑口
主より人のしつたる牡丹畑  梅彦
 庵さひしく雨の筒鳥  牛如
漂着の船の土産に蝦夷錦  太路

 命の有てむかふ十五夜  陸馬
女郎花花首と柴のぬき衣紋  梅足
 鞆のひゝきに鶉ぬす立つ  太路
年明の手鍋提るも又苦界 「白日
 狂女としらて教化する僧  菊武
花日和三里の道の朝のうち  陸馬
 蜆喰ふにハ反つ歯天晴  梅彦

関連データ

作者(連衆)
菊武・太路・牛如・梅彦・笑口・陸馬・梅足・白日(真田幸弘