松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
鴬に夜を千金の下屋しき  太路
 彼の鬼を見る????橋場蟇の啼 白日
灌ても落す浴衣の袖の紅絹  陸馬
 青物ハ?表さかなをも賣 貫環
髪置の半分夢て戻りミち  馬隠
 けふハ下京百萬か舞  梅足
??気違の起つたや?うな〓飈(風に火×3)風  陸馬

 酔ほれ立と桜はら/\(?) 白日
?鈴鷹の音?に引行?鶴六日限  太路
 田螺ころける塗立の畔  陸馬
篭リ人ハなし鎌倉の初瀬詣  梅足
 廓の訳を根問する婆々 貫環
頓て月茶釜ハ(殼の旁で一ナシ)と成てけり
 人まかせにて関取ハのよし  陸馬

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・太路・陸馬・貫環・馬隠・梅足