松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
霧くさい合羽を畳む八軒屋 白日
 上戸口にて責らるゝ下戸 貫環
神軍むかしの事て今ハ何  陸馬
 仲人を入てたつる錦木  梅足
玉に瑾沙汰ハない事丙午 白日
 何所か不〆尼寺の庫裏  太路
盆の上水豆腐の出来上り  陸馬

 馴誰た抓よく恩もしる  仝
いつとなく手を打やうに新分限  馬隠
 秋の最中か木曽の絶景  太路
はら/\と月からこほす露少
 初陣の子のすさましき勇 貫環
??紗綾も花羽二重ハ猶花そかし
 昼から後の冴返不る旬

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・陸馬・梅足・太路・馬隠