松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
桶伏の中へも春の禮いふて  梅足
 ???そこか疳積三日居ぬ妻 白日
手拭に桃湯の匂ふ夕納涼  馬隠
 また日光の方ハ雷  陸馬
火貰ひに拍子のぬ??けや糸車 貫環
 頭巾て雪を拂ふ鷹匠  梅足
大?杉と??御所地?跡地の舩のうち 白日

 霞の中に削出す不二  太路
片附ヶて獣〓(廛にオオザト)鄽の春さひし  馬隠
 急に日長になりし年明 貫環
詰際の下手の将棊に袖引て  陸馬十一
 蘭の香?芬と菴の圓窓 白日
横雲の一筋引て昼の月
 茄子の馬に乗て行く虫  馬隠

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・馬隠・陸馬・貫環・太路