松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
?気晴に出て?気のつまる??親子連 貫環
 見物に寄る久米の平内  梅足
歯朶敷て??明待つ市の草枕  馬隠
 ?猪折た日に雪のとか降  太路
蕎麦好の女其癖小丈にて 貫環
 ?気象ハ若衆妹か妹  梅足
旅芝居楽屋を覗くヲ?数からくし  馬隠

 菎蒻色ていやな饅頭  陸馬十二
温泉を兼て来る御射山の泊客  梅足十一
 月に連哥の約束をする  フ
鹿聞に新酒の酔を呵らるゝ  太路
 帯刀御免反リ打た〓貌(白にハ)  馬隠
花見れハ心の笠も忘れけり
 あまり霞に薄き日の影

関連データ

作者(連衆)
貫環・梅足・馬隠・太路・陸馬