松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
連除のやうに夫姉の雜司谷  太路
 亡八を止てやつと越す尼 貫環
蒼木と書た帋て煤を取  立葵
 形三角の大霰降  陸馬
白い飯出すを地走の茶屋(?)奈良〓鄽(廛にオオザト、?)  馬隠
 子は子也??かり本の子てなし  簣十
洗髪墨絵に近し薄化粧  太路

 摘んた薺の盆に紅粉猪口 白日
うくひすと隣合に薮の家  簣十
 初午祭腹もとゝろく  陸馬
化されたやうに庄屋の機嫌酒  太路
 高尾か?母も鳶か鷹也 白日
研立の鏡といハん冬の月
 雪を硯へ急な口書  梅足

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・太路・貫環・立葵・陸馬・馬隠・簣十・梅足