松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残裏(ナウ)、句上

画像を拡大する
案の外神事の鬼の草臥て  太路
 山にかさなる門の蒸篭  立葵
積善の余慶藏あり牡丹有 白日
 丙午とハミえぬ囲れ  梅足
吹出す清水醉醒一柄杓  立葵
 何所かとこ迠要害の城  陸馬
若木よし大木も亦花そかし
 渠はかしこし巣を運ふ鳥

不斉子 白日公  41
簣十   36
馬隠   34
浅草
由雅
白日公  69
貫環子  63
太路   59
芦舟 白日公  75
簣十   59
太路   48
朱明 白日公  58
簣十   56
貫環子  51

関連データ

作者(連衆)
陸馬・梅足・立葵・太路・白日(真田幸弘
点者
朱明・芦舟・由雅・不斉子