松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
夕榮の霞の底に番囃子  馬隠
 退屈らしき馬の嘶  簣十
箭を背負ふた〓(隹に鳥)の血引く雪の中  梅足
 田舎育のおとこ一疋  立葵
神代からきかぬ新造の??身請沙汰 貫環
 煙宦(管の誤字)を横にくハへ恋しり  陸馬
??(瑠璃の誤字)殿の粧巌添る山櫻 白日

 菫にしハし雲水の趺坐  太路
駕建て連??待つ関に雉の聲  馬隠
 四字を年號の其侭の杭  陸馬
植る田か嫁刈上る時ハ聟(?) 白日
 戯れいへは月にかくるゝ
〓(白に僕の旁?)くさい蒲團に旅の厂聞て  梅足
 錦戸へ来て虱ミる曽良  太路

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・馬隠・簣十・梅足・立葵・貫環・陸馬・太路