松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
遊ひにも鷹狩見真似うへつ方 白日
 按广摩の夜具か??の間に未タ 貫環
赤/\と新宅の戸に日か透て  梅たり
 娵任せなる評判の母  簣十
他人同士寄て廓の姉妹  笑口
 能くハ?疎し長い看病  万年
八重葎茂る九年の陣の留守  太路

 命全く蛇穴へ入る  梅彦
夕月の蔀はつかにさし懸り
 下?す筏に飯喰て居る  馬隠
浮寐鳥鳴や高尾の梦の跡  梅足
 聲に花ある三下り節
いと様も??睦ヒ人?仲間雛の駕  簣十
 蜆??た水に浮く糖  万年

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・簣十・笑口・万年・太路・梅彦・馬隠・梅足