松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
野渡暮て渡るハたしか油賣  笑口
 鷹に遮那王殿の眼遣ひ  梅たり
新尼のまた庵馴れぬ村時雨  馬隠
 聞歟寐入るか琵琶の客人  笑口
功臆(功徳誤字)の饗の給仕も支離者  太路
 一世一度の妻の大盃  簣十
囁を我嚏に言残し  梅彦

 音楽にほのか筋?塀の奥 白日
小便に何弁様ハ能く御立 貫環
 宗祇ほとある白髪の髭  笑口
貰ふたる?日を雲水の衣かへ  梅彦
 朧豆腐も月の名月
白/\と花散浮し枝流
 角???て若鮎  梅彦

関連データ

作者(連衆)
貫環・梅彦・簣十・太路・馬隠・梅足・笑口・白日(真田幸弘