幸弘歌に資枝が引いた長点。右の歌は下の句の「猶」の字が「今」に修正されている。