松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

良夜摺物

画像を拡大する

良夜

とく〳〵と糸瓜に/月の洩る夜かな  白日庵/菊貫

名月や鐘にも散らす浪の花   菊円
魚も出て踊る渚やけふの月   希言
燭寸のたつ間も惜しき月見哉  杉羽
船たへて川は最中や月の色   鼎牙
星ひとつ夜の要やけふの月   埜十
明月や一声またぬ渡し舟    雲牙
星稀にうかれ烏や月の隈    松岡
名月や雀の起るころまても   田鏡

寝る人は寝せて月見る独かな  夜庭

名月や浦のとま屋の手打酒   菊堂

解説

年次未詳

関連データ

作者(連衆)
菊貫(真田幸弘)・菊堂・菊円・希言・杉羽・鼎牙・埜十・雲牙・松岡・田鏡・夜庭