松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
藪入の鋲打目たつ田舎道  馬隠
 女力の孫につたわる  梨東
百日の飽丁いさや初鰹  斗凉
 裏家水汲む江戸の玉川
樂隠居皆世にすねた人出入  梅足
 嘉例にて酔ゑひす講中  馬隠
鯛の尾に長口上をまねられて  梨東

 透見の帯をいたつらに引  斗凉
這ひ流る九軒揚屋の夕蚊遣り
 匕より口のまはる流行醫  梅足
新蕎麦の手からもてうと秋乾き  馬隠
 留守の庵の萩に短尺  梨東
夕月の雲のときれにちらほらと  フ
 箴せる箇にも見ゆる物好  フ

関連データ

作者(連衆)
菊貫(真田幸弘)・梅足・斗涼・梨東・馬隠