松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
三圍りて連を待間の絵馬堂  斗凉
 巳かさま/\化る白扇
手を打て白髪くゝらふ若傍輩  梅足
 禿あわれに明の寝姿  馬隠
何となく袖留た日の物たらず  梨東
 光る銅壷の上に神棚  斗凉
親舩は暮行としの岡見して

 思ひ切たる晦日の雪  梅足
盃の蒔絵の月も冴ぬらん  フ
 狐離れて本の重口  梨東
絹よりは木綿着こなす今参リ  馬隠
 女坂ても春の一行  斗凉
引連れておもひあふたる花めくり  フ
 雀巣作る軒の樋竹  フ

関連データ

作者(連衆)
梨東・梅足・斗涼・菊貫(真田幸弘)・馬隠