松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
治聾酒にたま/\老の酒機嫌  梅足
 禅の修業に越て来る嵯峨  馬隠
榾の火に氷る夜すから冬しらす  梨東
 一人娘の婿を筭へる
代参もうき/\とする願ほとき  斗凉
 土産ひらけは落る椰子の葉  梅足
夏まけの昼寐に通ふ濱屋敷  馬隠

 隺おりてから七日仮橋  梨東
菜の花にぬつと羅漢の破風見へて
 桜に近く畳む青傘  斗凉
糸遊に蝶追まはす女の童  梅足
 ゆへ有寮に琴のしのひ音  馬隠
丸窓へ角なき月の陰さして  フ
 露ちり/\に荻の上風  フ

関連データ

作者(連衆)
馬隠・梅足・菊貫(真田幸弘)・梨東・斗涼