松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
鸚鵡石百囀りの長局 霍林
 高尾身請に胸や陽炎 湖秋
花は雪堤の左麦青し  葵光
 ぽんといふ音は出ぬ古鼓  フ
陣の留主いはけなき子に憂さ晴し 湖秋
 物に構ハす禅意なる尼  葵光
北条の烏帽子は海に残りけり 菊貫

 閑古鳥聞今の鎌倉  梅足
紫陽花に昨日の酒をかこち顔  斗凉
 掛りあふせて伯父の跡取  馬隠
腰元の素生ゆかしき立まハり 環川
 拾た文を目たらけて讀 菊貫
来る程の人引とめて月催ひ  フ
 さあ御肴と僧へ焼栗 環川

関連データ

作者(連衆)
環川・馬隠・斗涼・梅足・菊貫(真田幸弘)・葵光・湖秋・霍林