松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
腹痛に噛み残したる観世音  斗凉
 干潟の舟の幮に日の影  梅足
四郎兵衛か関路一里も千里にて 菊貫
 仲人なしの娵の愛想  馬隠
又出たと笑ふ田舎の言葉癖 環川
 二疋か間にどしと菌桶  斗凉
制札の年号古き守護不入  梅足

 狂ふも哀れ附紐の所化 環川
なまめきし障子の蔭へ夏の月  フ
 貌真赤いに聟の小謡 菊貫
汐煑と共に呑込む生  馬隠
 性に合たと江戸にそれなり  雪江
此頃は寄るもさわるも花の事  フ
 角くむ芦に角落す鹿  三遥

関連データ

作者(連衆)
三遥・雪江・環川・馬隠・菊貫(真田幸弘)・梅足・斗涼