松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
薮ひとへ越ても遠い機の音  芦風
 茶て茶てもなし別荘の客  梅足
飼猿の年かよる程持餘し  立葵
 似合ぬ眉を夢助ている 環川
屋根舟の三絃箱に座か崩れ 菊貫
 今立つ鷺のむつかしい首  春珉
雪に其力を見せし豊後竹 如圭

 中庭遠く判取の声  湖遊
涼しさは月形の窓ふき抜て  フ
 世を捨人か浮む世の一  杵十
印寵に已生ル金か鳴て居る  子弦
 見せ馬の歯をいぢる親指  欺雪
風情も羽織に掛る花の枝  フ
 軒へさわつて大凧の足  フ

関連データ

作者(連衆)
欺雪・子弦・杵十・湖遊・如圭・春眠・菊貫(真田幸弘)・環川・立葵・梅足・芦風