松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残裏(ナウ)、句上

画像を拡大する
右据の鷹に得てある草鞋喰 「白日
 御床机所寒梅の庵  「太路
門屋舗鋪とう/\賣て根引して  「菊武
 樓舩を出して女房落つき  「簣十
真丸に帳消て居る筆手?拍子  「立葵
 巨燵ふさけは廣い几畳にて  「簣十
賑しう笑ふ事のみ花筵
 夕くれ遅く雲に啼く鶴

一亀 太路  74
白日  69
蕢十  61
白義 菊武  59
陸馬  位54
白日  54
有佐 白日  80
太路  64
陸馬  61

関連データ

作者(連衆)
立葵・簣十・菊武・太路・白日(真田幸弘
点者
有佐・白義・一亀