松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
紅葉しく亦一景色あるさくら 貫環
 素人に成て酒に手かなし  太路
襖越なまめきあへる煤の胴  簣十
 冬牡丹咲く雪の懐  立葵
取巻て席画好みの兆典子  陸馬
 数奇屋料理て水魚交  菊武
恋し鳥今一聲は初鰹 白日

 盧橘に月の縁たかし
ふと逢し狂女にそつと夜の道  牛如
 堤八丁きれる分別  太路
鈴の音近うきこえて流行神  陸馬
 凪を見切て百里乗る舩  菊武
初花も此頃ならん此夕
 小松はとれてみな削掛

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・太路・簣十・立葵・陸馬・菊武・牛如