松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
吉原の春や五節の舞乙女  太路
 居付キの内を儀内の高ふり  簣十
衣配り冬の牡丹の子招くも 白日
 くゝり頭巾て雪の?籠城  笑口
心にもあらで良雄が落書蔵普請  太路
 車力の昼寝嚊轟  梅彦
葛城の神かとふ/\山の神  簣十

 家桜ともひとり末娘 白日
人足も今日は綾織る御身拭  梅彦
 長閑也二羽右据の鷹  簣十
案内乗物もたつ孝行の残る賤か門  笑口
 國に杖突年で杖なし  太路
見上れは半天ちかく空のうへ昼の月
 百性の眼に□@(虫損)@咲稲  太路

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・太路・簣十・笑口・梅彦