松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
煤の胴体伏勢は皆小夜忌衣  梅彦
 鳥の毛はつと御鷹匠部屋  簣十
手習子黒坊揃ひ暇乞  笑口
 田草掴んたなりて霍乱 白日
京町の二階に雛の土用干  太路
 己か嚏に迯る立聞  梅彦
賀の祝語る土佐ふし歯をもりて 白日

 雲のあなたに薄く三日月
玉川の澄切る水に鮎錆て  笑口
 寺領なれとも案山子ニは弓  簣十
修行者の噺聞ほす支離買  梅彦
 百里歴て掘あてた金蔓  太路
一際は花に氣色の峯の雲
 空うきやかに簾もる東風  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅彦・簣十・笑口・太路