松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
供部屋の鼾□□□@(虫損)@し年忘  馬隠
 五更の鐘に逃げる?雨図両  立葵
又高尾出来たる/\の沙汰斗 白日
 眼の関たらけとうしのんても  陸馬
震て見て小石をはさむ涼臺  簣十
 秘蔵の狆の思廻つてはワン  馬隠
小夜鵆なくや駒形待乳山  太路

 雪見物は不義承知るな妻 貫環
神隠なとゝ放埓息子株  馬隠
 耳塞事多い世の中  陸馬
燕の碇はなしに羽を休め  馬隠
 花の日和も狂ふ此頃
ぬるむ水はや黄昏の月の影
 しひほ?り???□@(虫損)@咒ひのある

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・馬隠・立葵・陸馬・簣十・太路・貫環