松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
虫干の熨斗目の襟に屠蘇の紙  簣十
 赤穂崩れの常に隂膳  梅足
恩愛の嬉しい事も涙にて  菊武
 とふれの訥る下女の酸漿  笑口
葉に成た桃にいつかの照り雛 白日公
 春の伏見の芝に盃  菊武
鶯に盧庵の道付く連歌初  笑口

 大鰐口に力ありたけ  馬隠
天人も交る崎陽の諏訪祭  太路
 そよ/\風のわたる夕月
蛤とならぬ〓雀の稲により  雲牙
 前々から?馬に遊ふ子を抱く  菊武
不機嫌て建る障子のひつし/\  馬隠
 四角な〓の丸くなる酒  太路

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・簣十・梅足・菊武・笑口・馬隠・太路・雲牙