松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
菊の主まて隠逸のかなる?聾 白日
 佛とふたり住の元政  梅足
右据の鷹狩衣の三重襗  簣十
 雪にふり込棒はなの茶屋  莫牙
刻てから細工の入りし茹雞卵  陸馬
 おとこ禿は無垢の正直  梅足
太棹は身白き思鬼の撞木とも 白日

 翌は/\と延す禁盃  簣十
碁仲間の惜しい牡丹のあちら向  莫牙
 蝙蝠翔て月の黄昏
売殻網に皆散り/\の橋の人  梅足
 車て櫻運ふ菴﨑 白日
御身拭世界の廣き日和也  陸馬
 折から東風にひるかえる裾

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・簣十・莫牙・陸馬