松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
卯の花の雪に漸/\笑ふ不二  簣十
 娘の苦界本復の孝  莫牙
髪梳せなからきのふの浚弾 白日
 伊勢の奉加は門並に附く  陸馬
寒梅の日向を子干狗に追回廻し  梅足
 飯時継子たての子福者 白日
ねらひ/\来る青蝿を打損し  陸馬

 風呂の菖蒲のつゝく襟元  梅足
折れ附に立て振はせ帯解せ 白日
 絶えす祈の加田の淡島  陸馬
重さうな足取をする磯の隺鶴  簣十
 篭城堅固?(白+僕-イ)くさい米  梅足
一重より八重こなそ花といふならん
 二まひつれくるひかゝりて蝶のかわゆき

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・簣十・莫牙・陸馬・梅足