松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
土手長閑まつ?鷹通匠の眼に翦て 白日
 評判の口跡同類夫婦順禮  梅足
内心は慈悲伴頭の閻魔顔  簣十
 伊丹池田のすつしりと蔵 白日
葉は??寝るにひとり機嫌の合歓の花  梅足
 〓瘧が落て本ンの六月  莫牙
白砂糖是も上品下品あり  陸馬

 稀有る嘶噺をしかる上乗  簣十
居續の胸も大海室の客 白日
 侍から笑ひさうな附さし  陸馬
塩引もわつかに赤き桃の宿  梅足
 腰の折れたる母の紙雛  簣十
星斗待てに照つゝ霞む月
 帳面繰て何か歟うなつく

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・簣十・莫牙・陸馬