松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
雪の日も吉原斗金世界 白日
 酒にかけてハ女でハなし 貫環
十三里憎まれ通す大鼾  簣十
 何も障らす笈の戸か明く
時多分蚕の蝶も出る時分  梅足
 娵の持参に錦織業  太路
こつそりと頼む初瀬の願ほどき  牛如

 草の花咲く経堂の屋根  菊武
日の陰の秋も朧の月と星
 荒鷹据て千葉か巡見  牛如
姑と成ても抜ぬ廓言葉  菊武
 来ると着替にかゝる藪入  簣十
花を待心つからハいつこにも
 此頃とけて遠霞む空

関連データ

作者(連衆)
菊武・牛如・太路・梅足・簣十・貫環・白日(真田幸弘