松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
雲雀啼く上に姫路の鯛鱐見立て 白日
 碇をおろす宝室の居続  花足
雪となり雨と美人の仇言葉  太路
 茶足の神馬祭一日  簣十
生酔の語終さ残れたる合歓の陰  花足
 乳呑子抱た形か琵琶弾 白日
祭鴛見守肩ふた妻とつれ立て  梅足

 冬の牡丹に雪の丸綿  太路
賀の祝ひ折ふし騒の両隣 貫環
 蛇足の集筆を傳て持つ  陸馬
秋寒しぬかこに並ふ蝸牛  菊武
 年明前の冬近き菊 貫環
月磨く化粧の水に残る朝
 合羽の袖の露覚へなし

関連データ

作者(連衆)
菊武・陸馬・貫環・梅足・簣十・太路・花足・白日(真田幸弘