松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
汐時てよひい鶴鶏の喰ふ御殿前  梅足
 かまハすに置け例の気違  陸馬
覆面の侭て雛の土用干  簣十
 しからるゝ子に猿の割膝  梅足
母衣武者ハ径徑回行も傳授ともの  花足@三@四
 布田五宿の糖くさい飯  陸馬
一もとの鷹に家うちの手か足らす 白日

 流石に聟の蔵て三味線  菊武
そゝなかす紅葉に鹿の武左衛門  太路
 月に手紙のやつと読たり
安中に泊合せて軒寒し  陸馬
 生れ附にて碁に妙か有る  フ
ともすれハ花の紅葉重りて  フ
 脱た草履にもゆる陽炎  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・陸馬・簣十・花足・菊武・太路