松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
もやい解く長吉原来鴈木別れ霜 白日
 きのふの侭の女房の顔 貫環
葉隠れの青柚見出す料理好  簣十
 頻りに的の流行る社家町  梅足
靄晴る方に名護屋の天守臺  太路
 牛てごさるか遅い齊僧  花足
散る梅をたして七度ひ春の雪  牛如

 けふハ千百段を帯に烏馬耳峯  菊武
細畑打の足の下行夕乙鳥  仝
 高尾か母と聞て見出直す  牛如
姿鏡ハ鏡鋳の旅立施主の天下一  花足
 夏知らぬ井に残る月影
郡内の掃塵ひちも柿の華 白日
 縫ハあとから袖の綻

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・簣十・梅足・太路・花足・牛如・菊武