松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
春雨の京に留たまらぬ銭銀遣ひ  太路
 姉女房郎を叱るのハ酒  梅足
やね船を出し切妻のほつと息  簣十
 鷹の瞳に不二も豆程  花足
脱て置蓑をふるへハ落薄氷  雲牙
 醫ハ意なりとて親切な醫者 貫環
提ぶりの体で仕懸る懸時計  簣十

 二度夜の明た様な産声  花足
百里来た足とハ見えぬ伊勢戻  雲牙
 桃の節句か雛の突出し 白日公
聟入に春めく宿の春盤青畳  花足
 風光るなり言玄突の弓  フ
古筆見の月の一絶もてはやし  フ
 餉を袖に肩の張る秋  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・太路・梅足・簣十・花足・雲牙・貫環