松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
順の峯螺貝て伏猪を追立て  雲牙
 人相書を松明て讀  梅足
本陣の白壁斗暮残り  簣十
 太夫ハ三日先へ國入 白日公
取立の武士恥しい事たらけ 貫環子
 赤穂贔屓の尼の男気  梅足
鎌倉の雪ハ踏すに消る也  立葵

 庭て四目焼く馬に場登陽炎 白日公
匍匐て子の地虫釣梅の陰  花足
 旭へ向ケて聖廟の供御  梅足
聞程の事を牙婆かしつた振  雲牙
 嶋原て弾江戸の三弦 貫環子
賑ハひに沓の重る月の前  フ
 いつても露の深い叢  フ

関連データ

作者(連衆)
花足・立葵・貫環・簣十・梅足・雲牙・白日(真田幸弘