松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
いか栗の盗人銭鑓の面かけて  梅足
 稚喧嘩の垣根から聲  立葵
五月雨に鍾馗ハ寝せつ起されつ  簣十
 寺の田植に出拂た村  太路
錆切た虎鉄の鎌を譲られて  立葵
 命代印地前におしい吉原  簣十
鯛中の鯛笄も釣道具 白日公

 若旦那とハ見えぬ煤掃  立葵
あたゝかに着飾宿の冬牡丹  花足
 上下揃ツて神酒か酢くなもる  雲牙
初陣の曠レ駿足も髪に櫛 白日公
 男も恥る乳母の諫言 貫環子
一筋に直な心を月と花
 是も春気か眠い夕暮

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・立葵・簣十・太路・花足・雲牙・貫環子