松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
能程に砕た女中の〓貌よ鳥 貫環
 水に尾を引猪牙の乗切  簣十
靄はれてみれハ三圍真乳山  太路
 茶の湯戻リの客の悪口  梅足
杜若提て重たき草履取  立葵
 堀抜出来てすハや待つ魚 白日公
蔵普請三年三月九十日  雲牙

 桜にうとき石町の鐘  太路
曙の色朝鷹の大緒にも  花足
 朧に残る月の御風
高尾とて地からも涌す降もせす 白日公
 恋の諸訳も知て片念 貫環子
よい金に賣た馬喰の投頭巾  梅足
 絹の羽織の風にほら/\

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・簣十・太路・梅足・立葵・雲牙・花足