松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
主命によつて一もと切牡丹  簣十
 茨の中の妾奉公 白日公
手拭の紅粉に不思議をうたはれて  立葵
 巨燵も持参千鳥聞庵  太路
酒積んた舟も突抜渡か崎の雪  梅足
 貌に似合ぬ梶原か筆 貫環
取替た巫女に開帳又はやり  立葵

 子は人間と思ふ九郎助  花足
追欠て蝋の心ふむ初あらし  雲牙
 月を心に旅をしたかる
齊斎に来た僧新蕎麦の腹鼓  太路
 簷て筏を流す木曽川  仝
散初て山の梺も花の波
 心覚えを出し鼻紙

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・簣十・立葵・太路・梅足・貫環・花足・雲牙