松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
獨碁を猿の見て居る峯の寺  梨東
 雨漏てうと水瓶の上  陸馬
金銀花つふれ揚屋の夢の跡 白日
 挿助源に蛍諸人愛敬 貫環
肖柏か牛の角から博物志  花足
 まくろすつかり出刃のきれ味  梅彦
寒梅のいましめ解て〓挿かゝり  簣十

 嫁を見盤立にけふも出る母  牛如
草鞋に紅粉絹の脚半の不似都合さ  陸馬
 蝶も一さし芝能の跡 白日
八重ハまた喰出もせす花の時
 宗旨ハ宗旨雛を買寺  梨東
潦誰も月とハ見立置
 千種を分て露の五郎兵衛  簣十

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梨東・陸馬・貫環・花足・梅彦・簣十・牛如