松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
呼も世は鶯笛を吹て賣  立葵
 大道へぶつまわる主たらゝ坊  有佐
半時花咲頃を蓮見の人崩  菊武
 風に袖覆ふひもろきの箔 貫環
御神馬の厩色におさなきるゝ白弊  花足
 上帯を妻の解く凱陣 菊貫
こつそりと請出して置知つた顔  立葵

 引倡摺巨燵きいと鳴音  有佐
雪見舟拍子のぬけた下戸偈唱? 貫環
 御蓑箱こと例の篳栗(ママ)  立葵
禅寺はなんのか端に武士めいて  有佐
 足らぬ碁石に菊を並へる  菊武
附たしの枝に枝咲月の酒  フ
 是も紋日の室の初汐  花足

関連データ

作者(連衆)
菊貫(真田幸弘)・立葵・有佐・菊武・貫環・花足