松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
千ケ寺の廻り/\て法輪寺  牛如
 弓矢に代た笈も長生  梨東
乗合の舟に傀儡の脇に立て  菊武
 当こするてもないが悪口  有佐
郭公風鈴の音に紛らハし  立葵
 學寮しんと昼の蚊柱  梨東
哥合我たつ袖と尋来て  有佐

 月の酔秋しる草むらの露  フ
日を横に野駒の眼赤し夕もみち  花足
 都古郷の水にあたる開屋殿  梨東
七府には掬粷を寝寐せて十府のさと 菊貫
 義理の徳を今に言出す 貫環
咲揃ふ樹々の梢は花の雪
 紙一重さへうつとしい春

関連データ

作者(連衆)
菊貫(真田幸弘)・牛如・梨東・菊武・有佐・立葵・花足・貫環