松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
請出され自由の癪かまた抜す  花足
 湖月ひし/\身の上にあり
夜鰹に幮二所而ひつぱつし  簣十
 長押に新广邪魔な節浮の弓  梨東
山公事にあるきの系図顕れて  梅彦
 御鷹墅向キへ百になる人  花足
地黄干す中へ水差の梅の蔭

 女波男波に鉋屑出る  簣十
奥へつか/\禅僧の無一物  梨東
 尻を抱へて笑ふ粥杖  梅彦
嶋原や是も出口の削リ懸  花足
 鶯さへも京の水から
盗人のあてにして寝る午時の月  簣十
 初鮭すつぱり下坂か出刃  梨東

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅彦・梨東・簣十・花足