松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
焼栗がはねて乱るゝ碁の備ヘ
 懸竿起る水部に山伏の袈裟  梨東
梢から柚の香届く窓凉し  花足
 鋸の目を立て歯かうく  簣十
妙号に夕日こほるゝ誓願寺  梅彦
 二人り寄ても牙婆姦し
芝を射た若衆の通る俄降  梨東

 今ハ渡し場贄ありし渕  花足
潜る鵜の出るを見て居る馬鹿な顔  簣十
 心の奥はしれぬ勘介  梅彦
春雨や我恋人ハ借本屋
 鼻欠け雛の下る錠口  梨東
月の客名ところ花の山皆御飲領  花足
 菫を散敷て拝す御陵  簣十

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梨東・花足・簣十・梅彦