松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

表(オ)

画像を拡大する

文化二年六月廿日
俳諧之連歌


白雨や壁に凉しき日の匂
 髭篭の竹に色栄し瓜
伶人の皆それ/\にそらそきて
 幕の片足を残持し棒松
家鳩の百羽か百羽一群に
 そゝろ取たる瓦漆喰
かゝるかと思へハ晴るゝ月の雲
 いまた扇の忘られぬ頃

関連データ