松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
土轆轤仁清か手も陽炎て  梅足
 悪筆もある西の天神  花足
恋に迄教化かしこき禅善職  陸馬
 冬の窓明て衽に咲く梅  莫牙
判のない鴨提て来る雪見舞  梅足
 在鎌倉に多い伯楽 白日
紫陽花や花咲ものゝ飛鳥川  花足

 母のたち聴き初座の意地 貫環
人着居すふたつ枕の間の宿  陸馬
 富士の左にこミゆる別荘  梅彦
屋根船の極楽底に地獄あり  莫牙
 酒浸リにて露の五郎兵衛  花足
右左リ曇なからも月夜よし
 砂村の夜に鳴て来る虫  馬隠

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・花足・陸馬・莫牙・貫環・梅彦・馬隠