松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
うち向ふ東夷北狄羽織武者 白日
 女房任せて仕出す身代 貫環
状迄か木更津便鮮し  梨東
 元の野寺に戻る塒鷹  双鳬
今咲た蓮も暫く動きけり  莫牙
 水屋静に炭を挽く音 貫環
大名の紀文か木場へ駕を押狎て  梅彦

 そよと吹ても月の秋風
囲れの心はかりの魂祭  梨東
 靨とゑくぼこする蕣  莫牙
腰懸に寝足す鼾の薬殿  双鳬
 〓附馬に届く星糞  花足
心なく折ても花ハ賑しき
 よろつの事に何よりの春

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・梨東・双鳬・莫牙・梅彦・花足