松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
吉原は先格子から立田姫 白日
 惜い女を乳母にして置  梅足
横に傘初郭公ぬれて聞  簣十
 住は都の个今の鎌倉  花足
旅駕の鼾恨慥に番表太らも  梅彦
 温泉山の宮に借請た賽銭  梨東
蒼荒鷹の羽風にどつと落し鶇?

 月の夕部のうそ寒き町
明手見くだされけり秋松魚  梅足
 夫婦喧嘩の翌へ残らす  簣十
衆?乗馬なら鐙の場所へ油筒  花足
 舩にもつみてひくや小松菜  梅彦
春なから寺は御法の作花
 青い?畳に福藁の埃

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・簣十・花足・梅彦・梨東