松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
田長鳥既に田舎も飢べし♯鰹♯  梅足
 夏蚕には風午時の一天 白日公
憲清の昔の弓を竹の杖  花足
 江口に自現哥舞の諸菩薩  簣十
隠されぬ悋気襖をたてた音  梨東
 五一の金?時にゐ(居)はる番頭  梅彦
初しくれ塩瀬の服紗サア賣れて 白日公

 鷹の目眼さしに供の小坊主  梅足
媚し管絃月の冴る夜に  フ
 牡丹芙蓉の三千の絵図  花足
御和睦に扶盧那の辨の使者か来て  簣十
 甲州?鍋に今汲た鮎  梨東
飴賣のチャルメラも是花の時  フ
 春の夕暮啼く鳥は何  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・簣十・花足・梅彦・梨東