松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
花よりも沙汰突出しの菊重  花足
 みめにはうつてかへし権八  梅彦
今入の梵倫憎い暫ハ手の荒  梨東
 苦虫噛た関の面番 白日公
能見れは弦のたるんた飾弓  梅足
 スハ初鰹廓鄽は惣立  簣十
木娘もいつか隠た?るゝ癖か付  梅彦

 つゐ結納と成し生霊  花足
せり呉服冬の牡丹分根とも 白日公
 なく蛭子と異名??子祭の客  梨東
?常に忌言多き陣の留主  簣十
 穢多と亡八は戴ぬ礼状帳  梅足
月影に花を錺りし横?根模様物
 心長閑に来ては長尻

関連データ

作者(連衆)
梨東・梅彦・花足・簣十・梅足・白日(真田幸弘