松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
留守の間に桜猫盗るゝ西行忌  梨東
 破軍きまらつく正宗の井戸  梅足
?籟を告ふ?て帰る高噺  陸馬
 裸詣のかみたゝへ高く経  莫牙
冬されや枯?野に凄き馬の灸  梨東
 恋?鷹のあれに手てほうる茶の銭  花足
深川に呉服屋とのゝしろうるり  梅彦

 よい分前髪て通矢か?込  陸馬
国を出て佛も旅のはつ桜  花足
 雪解に筏弾々群/\と来る 貫晨
神軍野中てふつと拾ふ雉子 白日
 笈すつしりと高木折右衛門  梅彦
さつはりと喧嘩か済て三ヶの月
 八百八橋洗ふ初汐  花足

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・梨東・梅足・陸馬・莫牙・花足・梅彦