松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
名城に済めぬ廓か一所  梅足
 大石揚て見れは抜穴  莫牙
背に笈をしつかと高木折左衛門  呉潭
 小サき家に駿馬出た沙汰  梨東
雪の日や色ある物は鴛鴦番ひ  花足
 外面似菩薩妾つき合 白日公
心中の噂今度も河岸とやら 貫環子

 はけて簑輪へ雨の紅葉見  呉潭
軍鶏の足も相撲の歩ミふり  梅足
 有明残る敷砂の上  陸馬
留守勝の庵尋れは宗佐垣  立葵
 蜂の巣ありと雪隠に札  梨東
旅の空自在に花に遊ふのみ
 江戸かと思ふ春の江の島 貫環子

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・莫牙・呉潭・梨東・花足・貫環・陸馬・立葵