松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
様?すとは心の嫁の気も付す 貫環
 高尾か仏事船頭も客  花足
散際も見所牡丹蓮の花  梅足
 松魚に日傘さし懸て亭  簀十
附鬢に顔の間違ふ御伽医者  呉潭
 小鷹をいじり物に若殿  梨東
外繋に馬冷しき寺紅葉  莫牙

 末下りの気も付ぬ月
縁組の使額て見て帰り  馬隠
 九軒の玉も株も吉田屋 白日
床に富士爰に夜光のはつ茄子 環齢
 先祖の法事口々にいふ  立葵
咲かてまた彼岸の日和花とのみ  陸馬
 菊の分根と倶に梅の穂 貫環

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・花足・梅足・簀十・呉潭・梨東・莫牙・馬隠・環齢・立葵・陸馬